ナチュラルガーデン

キャンペーン会場



ファスティングが初めての方や、自分の生活スタイルに合わせたファスティングの方法を知りたい方に、オリジナルの3コースをご紹介します。


日頃は忙しくて時間がない方、平日は仕事で食事を抜くのに自信がない方には、金曜日から月曜日にかけて週末のお休みを利用した「週末プチ断食」がお勧めです。






魚や野菜などバランスのよい食事をベースに、 1食500kcal以下に抑えましょう。






空腹感を感じたら水を飲んだり、体を動かすなどして気分転換をしましょう。もちろん、ファスティープラセンタを飲んでも構いません。






実感、満足度が非常に高いお勧めのコース。日を追うごとに徐々に体が慣れていきますから、無理なく目標に近づく事ができます。




まずは週末プチ断食で体をリセットし、その後は低カロリーの食事で体を慣らし、毎日着実に目標に向かっていく事ができます。







仕事のタイミングが合わなかったり、普段の食事の量が多い場合は、急な食事制限や生活リズムを変える事がつらいかもしれません。
そこで、ダイエットを始める前から少しづつ体を慣らしておくと、体の負担が軽くなり、ダイエット中の空腹感も少し楽になります。

野菜に含まれる食物繊維が、あとから摂る糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。たっぷりの野菜を初めによく噛んで食べる事で満足感もアップ!
お肉や魚類に含まれるタンパク質には満腹感を高めるホルモンを分泌させる働きもあるので、最後に食べるごはんが少量でも満足できます。

空腹感が紛れるオススメの炭酸割りの他にも、豆乳割りや野菜ジュース割り、ヨーグルトかけなど、いろいろなアレンジを試して飽きないように楽しく工夫しましょう。
睡眠時は体温が下がるため、朝は体を温めるのにお湯で割ったファスティーで置き換えるのもいいですね!

ダイエットは続ける事が大事です。自分に多少甘くなってしまっても構いません。
続けられる事を優先して、自分に合ったダイエットコースを選んでみてもよいでしょう。
また、余裕がある日は夜を置き換える、食べ過ぎてしまった次の日は朝をファスティーにしてみるなど、自分に無理のない程度にがんばってみましょう。





ダイエット成功までには大きく分けて 1.減量期、2.調整維持期、3.安定期の、3つの段階があります。
また、減量期には、体重が思った様に落ちない停滞期があります。
このサイクルを頭の隅におき、たとえ思ったように減らない時期があっても、焦らずゆっくり着実にゴールに向かいましょう!





ダイエットを開始してある程度体重が落ちたところで停滞期が来ます。ここを超えると再び体重は落ちはじめ、減量と停滞を繰り返しながら落ちていきます。


目標体重まで落ちたら、「ファスティープラセンタ」を少しずつ減らします。急にダイエットを止めないのがリバウンドをしないコツです。
体重の増減をチェックし、食事と「ファスティープラセンタ」の摂取量を上手にコントロールします。


この頃には、たくさん食べなくても空腹を感じなくなっていますし、体調は逆によくなるのを実感してきたはずです。
今後も、腹八分の食事を心がけましょう。



↓





今ならオリジナルガイドブック&サポートノートをプレゼント!
ダイエットの基礎や、書き込む事でキレイに近づける日記など、「理想の自分」に近づく知識がいっぱい!
ぜひガイドブック&サポートノートで、楽しくダイエットにチャレンジしてみてください♪